2009年11月15日

『結婚相談所』という巻

今まではこの程度の高さの天井は机や椅子を積み上げたりして安全な高さで作業していたのですが、ここはみんなが集うオフィースなだけに、そのへんの机を拝借するわけにはいけません。つまり天井に手を伸ばすには脚立の上に跨ぐか、あるいは立つかしなければいけませんが、これは高所作業の知識が少しでもある人には分かることで、本来やってはいけない技です。僕は早速ビルメンテナンスの人から32WHf蛍光管および脚立を調達し、電球交換作業にあたりました。彼が「父親」の役割として真っ先に挙げたのが他ならぬ電球交換作業であり、恐らく彼は父性のメタファとしての電球交換作業に言及したのだと思われましたが、僕はそれを読んで以来、少なくとも自分に関係する範囲の電球は全て自分で交換してきました。

さて、このシリーズの『結婚相談所 』という巻のなかで、僕の初心な心に刻みつけられた主人公ハチベエの台詞があって、それは、物語の終盤の、「『父親』の役割は幾つもある…例えば、電球を交換したりとか」でした。よく考えたら、もっと高い脚立を探してくれば済んだ話で、僕は今度からきちんと準備しようと思います。この季節(さむい季節)になると、そこここで冬の訪れに急かされるようにして蛍光灯がその寿命を終えていきます。

僕が冷や汗をかきながら蛍光管を取り付け、脚立を降りたときはヘンな姿勢の作業がたたって左首筋が曲がらなくなりました。このお話は小学生の主人公達が持ち前の蛮勇と知謀で大人を嘲笑し子ども社会を股にかけて活躍する痛快な冒険譚です。僕は脚立に跨りその不安定さに、「やっぱりビルメンの人に頼もうかな」と一瞬たじろいだ時、前述のハチベエの言葉が蘇ったのです。

小学生の頃の愛読書だった『ズッコケ三人組』シリーズ。しかし、今回は僕の電球交換史上最難関の事件であることが間もなく判明するのですが、オフィスの天井高は3m近くあり、それに対し脚立は180cmしかありません。今回もまたオフィスの蛍光灯が一つ、消えているのを発見。

 

posted by 結婚相談所の口コミ at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132958976

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。